FC2ブログ

記事一覧

ラプソディー正月

正月に。お正月休みを利用して、ある人は海外に旅行する。暖かなハワイに台湾、マレーシア。ベトナム料理も悪くない。けれども機内は密室だから、インフルエンザにご注意を!正月早々高熱で、病院はどこも開いていない。初詣も大賑わい。ご利益を求める人の欲望と、行かないと祟りが恐いから。でも、インフルエンザやノロにやられるよ。自家用車がない時代には、誰も初詣には行かなかったし、山間部や豪雪地帯では、行きたくても行...

続きを読む

命。

命。生まれた生まれた命が生まれた。ああ、でも一体何のため?ある命は貧しい街に生まれ、生まれて程なく病気になった。貧しさのゆえの栄養失調で。治療を受ける金もなく、小さな命は息を引き取った……別の命は戦闘地域、銃弾飛び交う恐怖の中に、強姦、虐殺、略奪を子守歌として、父と母とに守られ10歳になり、少年兵として戦死した。(ね、あなたの知らない所では、 これが日常茶飯事だよ)そうそうこんな命もあった。その子は被...

続きを読む

独裁者。

独裁者。ある母親が子供を殴る。ヒステリックに何度も殴る。何度も何度もびんたを喰らわせ、狂ったように怒鳴って叫ぶ。「何でいう事を聞かないの?」「何で悪い事ばかりする?」「何で約束を守らないの?」「何でお前なんか産んだのかしら!」父親はそばで見て見ぬ振りだ。我が子が母親に殴られていれば、自分には怒りは向かわない。そしらぬ顔で父親が考える。(賢い父親だねえ。 計算高いとも言うがねえ。 母が母なら父も父。...

続きを読む

悪夢。

悪夢。父親は再婚以来、一切まともに働かず、ちょっとした事に逆切れして、母親に殴る蹴るつねるの暴力を振るった。力では誰も叶わないし、母親はふぬけで離婚する気力もなかったから、父親は我が家の独裁者、あるいは戦争中の天皇陛下か、古代中国の始皇帝、それとも虐殺者ヒトラーか、またはアジアの島国の、軍国主義独裁者さながらだった。(まあ、こんな事は珍しくもないね。哀れなのは子供だけ……)父親は陰湿な暴君で、居候し...

続きを読む

悲しい少女。

悲しい少女。寂しいさびれたある町に、一人の少女が誕生した。生まれた時から惨めと不幸、貧しさを約束された人生だった。生家は戦後に没落し、少女は十代で仕事に出された。男尊女卑のその国では、三女などは親には無価値だったのだ。悲しい少女は寮に入って、入院患者の世話をさせられた。(精神病院の閉鎖病棟は、 正常な人すら狂わせる……)意地悪な職場の同僚達、部屋に帰っても不愉快なルームメイトがいる。(逃げ場がない閉...

続きを読む