FC2ブログ

記事一覧

生と死。

生と死。赤ん坊が生まれた、赤ん坊が生まれた。ある親は手放しで喜んだ。別の親は顔をしかめた。何のために生まれて来たのだろう?ある赤ん坊は両親に、別の赤ん坊は片親に、それぞれ祝福されているのに。我が子を忌み嫌う親もいる……生まれながらに愛を約束された子と、死ぬことを望まれる子が存在する。二人が結婚した、結婚したよ。あるカップルは幸せだった。別のカップルは罵りあっている。何のために結婚したのだろう?あるカ...

続きを読む

恩知らず。

恩知らず。お母さんが子供を産んだ。死ぬ程の陣痛を乗り越えて。苦しみのあまり顔の毛細血管が切れた。顔には一面点状出血……お産の後も痛みが続く。授乳すると子宮が収縮するから、その腹痛はさらにひどくなる。苦しみに耐えながらお母さんは授乳した。ようやく普通の御飯が食べられるようになるまでに、少なくとも一年はかかる。愚かな医者と看護師が完全母乳を勧めるから、誰も授乳を手伝えない。日本の男は無責任。女性を性病に...

続きを読む

あなたが悲しい時に……

あなたが悲しい時に……あなたが悲しい時に、共に悲しんでくれる人はいるのだろうか?あなたが寂しい時に、「さびしいね」って言ってくれる人はいるのだろうか?あなたが苦しい時に、苦しみを分かち合ってくれる友はいるのだろうか?あなたが孤独な時に、その孤独を察知してくれる人はいるのだろうか?あなたが人生に絶望した時、そっと寄り添ってくれる人はいるのだろうか?あなたが死ぬことだけを考えていた時に、あなたが生きる事...

続きを読む

結婚。

結婚。若い二人が結婚した。燃えるような恋の果て。お金も地位も社会的立場も、家族の反対も何のその。反対があればあるほど、障害があればあるほどに、恋の炎は燃えるもの。2人は何も見ていなかった。そして二人は結婚した。幸せな二人の行く末は?あるカップルは恋の幻想が醒め、脳内麻薬も出尽くして、あっという間に破綻して、毎日毎日口喧嘩。可愛さ余って憎さ百倍、最後は男は女を殴り、女は散々男を責めて、泥仕合の末離婚...

続きを読む

花の色は、……

花の色は、……小さな白いお花が咲いた。小さな子供がママと植えた花。小さな手がお水をあげて、小さなおめめが花を見た。「きれいだね」小さな赤いお花が咲いた。小さな子供がママと植えた花。小さな手がお水をあげて、小さなおめめが花を見た。「きれいだね」小さな黄色いお花が咲いた。小さな子供がママと植えた花。小さな手がお水をあげて、小さなおめめが花を見た。「きれいだね」小さな青いお花が咲いた。小さな子供がママと植...

続きを読む