FC2ブログ

記事一覧

命を救うのと殺すのと、そのどちらが正しいか?

命を救うのと殺すのと、そのどちらが正しいか? 以下はブログ「エフェソスの幻想」からお借りしました。ある人が犬を飼っていた。殴ったり蹴飛ばしたり、時にはタバコの火を押し付けた。可哀想なこの犬は、ついにある日、必死になって逃げだした。犬は人間を恐れ怯え、憎しみと怒りで一杯になっていた。運悪く幼い少女が出くわした。犬はこれまで鬱憤を、この哀れな少女にぶちまけた。少女は顔中を噛みつかれ、左目を失明してしま...

続きを読む

わたし お母さんなのに……

わたし お母さんなのに……仕事があるから3時起きだけど、あかちゃんは遠慮なく夜泣きする。睡眠時間は3時間。時々倒れそうになる。私、お母さんなのに……疲れ切って保育園にお迎えに。唇がさがさ手も荒れ放題。目の下のクマはアイシャドウじゃない。とうとうおっぱいも張らなくなった。私、お母さんなのに……乳児健診に行ったら体重増加不良。意地悪そうな助産婦に、「しっかりおっぱいのマッサージはした?」散々叱られ涙が流れた。...

続きを読む

ある母親がこんな詩を作りました。我が子のために……

ある母親がこんな詩を作りました。我が子のために……鬼子母神の詩(母親の敵は母親か?)昔、ある子だくさんのシングルマザーが、我が子を養うそのために、村外れで他の母親の子供を誘拐、殺して肉を我が子に食べさせた。何度も何度も繰り返され、母親達はこのシングルマザーに恐怖した。母親という存在は、確かに我が子のために生きている。母性愛は限りなく尊い事が多いが、全ての母が尊いわけではない……我が子のためなら他者を不...

続きを読む

彼女が死んだ  

彼女が死んだ               若者にはフィアンセが居た 来年の春結婚するはずだった けれどもある日彼女が入院した 見舞いに行った病室で 弱々しく微笑む彼女―― 「大丈夫さ、じきに帰れるよ」 そう言うと彼女はうなずいた 帰ろうとすると医者が言った 「あなたが彼女の婚約者ですか?  大事な話がありますから  ご一緒に面談室へどうぞ」 彼女のお母さんも居た 面談室で医者が言う 「お母さん、すみ...

続きを読む