FC2ブログ

記事一覧

コロボックルとキジムナー。

コロボックルとキジムナー。北の大地の神、コロボックル。広大な北海道の大地には、お化けのように巨大なフキがある。そのフキの葉の下に、現地の人々そっくりな、小さな小さな人が住んでいる。「フキの葉の下の人」それが北の大地のコロボックル。北海道の自然と調和して、人間を育んでくれる全ての生き物を敬い、人々の生きる糧となってくれる物達を、アイヌはずっと神と崇めていた。アイヌとは「人間」の意味。だからアイヌ人と...

続きを読む

夢枕……。

夢枕……。老犬が亡くなって3,4日経った時、夫は犬の後姿を、まどろみの夢で一瞬見た気がした。この犬は散歩の時にも、リードを持つ手が痛くなるほどぐいぐい引っ張り、脇目もふらずに歩き続けていた。たまりかねて夫は皮手袋をして散歩に出ていたほどだ。夫から見えていたのは犬の後姿と背中。夢で見たのも同じ姿だった。忙しそうに歩いてゆこうとする犬……死んでも性格は変わらないと言うが、犬でさえそうなのだろうか?老犬が亡...

続きを読む

おやすみなさい……

おやすみなさい……幼い子供がおねむになった。ママが寄り添いそっと背中を叩く。時には静かに子守唄……安心し切って子供が眠る。おやすみなさい、また明日。世界が君を待っている。小学生が眠くなる。楽しい事も悲しい事も、全て忘れて夢の中。静かな寝息を立てながら、その子はぐっすり眠ってる。夢の世界はどんなかな?中学生がウトウトしてる。おいおい、今は授業中!ほら、先生が睨んでる。テストが近い、ろくに寝ていない。そん...

続きを読む

涙。

涙。赤ちゃんがこの世に生まれて来た。ほら、真っ赤になって泣いてるよ。大粒の涙が後から後から、小さな川になって溢れてる。(水晶の粒かその涙。 そのきらめきは小さなダイヤだね……)狭くて暗くて息も詰まりそうだった。その苦しみを潜り抜け、胸いっぱいに酸素を吸っている。君がこの世に生まれて来た時、ある親は手放しで喜んだ。別の親がうんざりして嘆息した。殺してやろうと思った親もいる。でも、それは決して君のせいじ...

続きを読む