FC2ブログ

記事一覧

老いと死

老い衰えて……

肉体的にも元気が失せ、
怒る気力も低下し、
これまで生きた恨みつらみも、
悲哀も絶望も憎しみも怒りも、
全ての過去の記憶も薄れ、
自分が衰えてしまったという自覚もなく、
ただ静かに時間が流れて行って、
最後には全ての執着を捨ててあの世行き。

ギリシャ人はレイテの泉、
忘却の泉と呼びました。
人生の不幸を忘れていくこと、
それ以上の癒しはありません。

子供達は親の衰えを悲しみますが、
それは自然の摂理かもしれません。

我が家の犬ももう14歳。
人間だと75歳過ぎだとか。
目も軽い白内障、
心臓は僧帽弁閉鎖不全、
おしっこが我慢できなくなって、
おむつを当ててパンツをはかせています。
寒がる時は奥さんのセーターも着せています。
耳もめっきり遠くなりました。

そのおかげで、
生まれてこの方ずっと、
子供達の声や姿で猛烈に吠えていた犬が、
静かに寝ているようになりました。
御近所の良く吠える犬達も、
ほぼ同じ年になっていて、
全くと言っていいほど吠えなくなった。

してみると、
我が家の犬も他人に気を使わずに、
ゆっくり寝ていられますし、
家族も犬が吠え過ぎないのは、
悪い事ではありません。

物事に鈍感になり、
記憶も薄れる老いは寂しいですが、
それが自然のあるべき姿かも知れない、
そう思うようになった今日この頃です。

いぬ


あるがまま

花はあるがまま美しい。

12.jpg

鳥もあるがまま美しい。

sag.jpg

123.jpg

空もあるがまま美しい。

122.jpg

作為をせずに生きる存在は、
こんなにもあるがまま美しい。

けれど人間の心の中は、
ありとあらゆる醜い物が蠢いている。

ねたみ、そねみ、ひがみ。

過度の金銭欲や権力への野望。

傲慢、劣等感、悪意、意地悪。

隣の姑は嫁をいびり、
腹いせに嫁は我が子をいじめ、
その子は我が子を虐待する親になる。

虐殺され迫害されたユダヤの人々が、
今度は罪もないパレスティナの人々を、
あらん限りいじめ抜き虐殺している。

侵略戦争を始めた日本の戦犯が、
右翼によって神と祀られ、
あの時代の日本を取り戻すのだと、
軍国主義独裁者がわめいている。

残忍、殺人、狂気に戦争。
被害妄想、投影、攻撃性。

民族差別に人種差別、
宗教差別に女性蔑視。

ドブの泥より汚い物が、
次から次へとあふれ出る。

一体何回戦争すれば、
一体何人虐殺すれば、
一体何人強姦すれば、
一体何回輪廻転生すれば、
人もあるがまま美しくなれるだろう?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント