FC2ブログ

記事一覧

この世の地獄、性奴隷にされる女達

この世の地獄、性奴隷にされる女性達

  ―日本の犯した女性への罪;従軍慰安婦哀歌、薬物強姦常習者、山口敬之の残忍―


ベルギー売春宿の実態、脱出女性が語る 性的暴力に監禁状態

【2月16日 AFP】

 キャロルさん(41)がベルギーの売春宿での地獄生活に陥ったのは、3人の男から性的暴行をうけたうえ、その様子を撮影したビデオをねたに脅されたことが始まりだった。幸いにしてキャロルさんは3年間の売春地獄から抜け出すことができたが、過去の悪夢は今も消えることはない

 奇しくも現在キャロルさんが住むフランス北部リール( Lille)で、「ドードー」の異名を持つベルギーの売春宿経営者らの公判が国際通貨基金(IMF)の専務理事だったドミニク・ストロスカーン(Dominique Strauss-Kahn)氏を巻き込んで開かれている。キャロルさんは、この裁判で自身の悪夢がよみがえったとAFPに話す。

■「現代の奴隷制度」

 当時、経営していた会社が倒産したキャロルさんに、ベルギーのバーで中小企業の経営者たちを相手に、
「シャンパンのお酌をする仕事」の話が持ち込まれた。
「精神的に疲れていたし、資金も住む家もない」状態にあったキャロルさんは、この申し出を受けた。 

 だがキャロルさんは薬を飲まされて3人の男から性的暴行を受け、その様子を撮った動画で脅迫され売春を強要された。
「それが悪夢の始まりだった」 
 最初の2か月間はほとんど囚人のような扱いを受け、24時間働かされた。派遣されたシャンパン・バーや売春宿では監禁状態に置かれた。
 派遣先の店の店主たちは「ドードー」の知り合いたちだったという。
「まるで現代の奴隷制度だった。外出や週末に休みをもらうにも許可が必要で、客から苦情があれば許可してもらえなかった」とキャロルさんは振り返る。 

■1日に16人の客をとることも

 キャロルさんによれば、売春宿やバーには12~16人の女性が雇われていた。大半がフランス人で酒や薬物で苦境を紛らわせていた。 
 高級バーで働いていた売春婦の中には元医者や元弁護士の女性たちもいたという。
「きまりが悪いので家族に連絡するのは難しい。だから助けを求めることもできずに一人で耐えるしかない」とキャロルさんはいう。 

 ベルギーでは一部の都市で売春宿経営は認められており、売春婦は個人労働者として登録することになっている。だが、キャロルさんの場合は、税務当局に登録されていなかった。身分証明書は売春宿の責任者に預けたが「盗まれた」と言われ、携帯電話も没収された。 

 労働環境は苛酷だった。自分専用のベッドはなく、交代で睡眠を取る。ひっきりなしに客が来店し、
「1日に16人の相手をしたこともある」という。 
 訪れる客たちは会社員から警察官、サッカー選手、俳優、軍人などさまざま。1回の料金は200ユーロ(約2万7000円)で、このほかにシャンパン1本につき200~250ユーロ(約2万7000~3万4000円)を支払う。 
 キャロルさんにはシャンパン1本につき75ユーロ(約1万円)、性行為1回につき90ユーロ(約1万2000円)が支払われていたが、1日30~50ユーロ(約4000~6700円)の家賃や食費、たばこ代、洋服代、メーク用品代を差し引くと、手元に残るのはわずかだった

 売春宿を訪れる客たちには、許容される行為と禁止行為の説明があらかじめなされるが、しばしば、暴力的になって禁止された行為におよぶ客もおり、キャロルさんは、
「毎日のように死ぬ思いをした」という。 

■恋に落ちた男性の助けで脱出

 キャロルさんが売春地獄から抜け出すことができたのは、ある日、会社の重役に連れられて売春宿を訪れた男性に助けられたためだった。キャロルさんは仕事上、男性を性行為に誘ったが、男性は女性を利用することはしたくないと言って拒否した。キャロルさんは、この男性と、
「恋に落ちた」と語った。

 男性は客を装ってキャロルさんを店の外に呼び出すことに成功。キャロルさんは二度と売春宿には戻ることはなかった。 
 キャロルさんは現在の居住地リールでこれまで3度、苦情申し立てを試みているが、いずれも受理されていない。だがキャロルさんは言う。
「いまも売春に従事させられている女性たちのために声を上げている。そうすれば、売春から抜け出せた人間がいることを知ってもらえるから」  (c)AFP/Cecile AZZARO


 かつての日本には公娼制度があり、政府公認の「赤線」が存在した。
 
 恥ずべきことに、国家が「売春」を公認していたのだ

 経営者は当然、人身売買組織と暴力団。貧しい十代前半の少女が、小作料の代わりに、あるいはアルコール依存症の父の飲み代として二束三文で売り飛ばされた。

 金持ちには「妾」を持つ事が認められていた。事実上の重婚制度だが、男性にはこうした事が当然とされていたが、女性が不倫すれば犯罪扱いされ、社会的にもバッシングされた。
 男女の不平等を当然とした、当時の明治憲法の悪しき「常識」だった。

 これらのおぞましい明治憲法と、女性差別と性搾取を当然とする汚らわしく前近代的な社会的常識の上に、占領地であった中国・朝鮮半島の女性の悲劇があった事を知らなければならない。

 女性の人権も認めない独裁憲法「明治憲法」。その延長線に従軍慰安婦がある。

 強姦魔などの性犯罪者のほとんどは再犯を繰り返すことがわかっている。安倍の御用ジャーナリストの薬物強姦魔、山口敬之もおそらくは同様である。
 
 先輩ジャーナリストであり、安倍首相の身近にある政治ジャーナリスト。その方面の女性には十分に魅力的な社会的地位である。

 それを利用して、若い女性ジャーナリストに声を掛ける。会社の重役や上司に飲み会に誘われた場合、男女を問わず日本では断るのが難しい。
 重役や上司の全てが清廉潔白で高潔な真摯でないのと同様、ジャーナリストにもピンからキリまである。
 自分の社会的名声や地位を利用すれば、強制的にせよそうでないにせよ、「先輩のお誘い」を拒絶することは極めて難しい。

 こうして酒を飲ませ、グラスに眠剤を投入すれば、泥酔状態を演出できる。暴力団や風俗店のスカウトマンが常套手段としている手口だが、こうした明らかな犯罪行為というものは、堅気の人間にはまず不可能だ。

 まともな人間であるならば、性的な欲求は風俗店やアダルトビデオで発散するか、恋人との逢瀬を楽しむのが当然である。
 性的暴行という物は、殺人事件と全く同じであって、正常な理性があり、性的欲求が適切に満たされている人間は決して犯さない。合法的に発散し楽しむ事が可能であるのに、自らの社会的な立場や人生を崩壊させる犯罪行為に及ぶのは、よほど異常性のある人間である。

 実際に、強姦事件と言う物は、決して性的欲求を発散するためのものではなく、自らの深刻な劣等感を解消するための、極めて残酷なパワーゲームである事が知られている。

 幼小児期の肉親その他からの性的虐待、深刻な情緒的虐待、あまりにも厳しく抑圧的な両親や祖父母。こうした病的な環境が、多くの場合、性犯罪その他の凶悪犯罪の根本原因である事がわかっている。

 従って、性犯罪者は、性犯罪者となるべく病んだ精神、心の闇を抱えているのであって、それが解消されない限り、たとえ逮捕されようとも、何度でも病的に再犯を繰り返すのだ。

 山口敬之も同じである。社会的に非難を浴びているにもかかわらず、彼には謝罪する気もなければ、反省の色も微塵もない。
 それどころか、まるで犠牲者の女性が悪いかのように、平然とバッシングをしてみせ、自分の父親が心労で倒れても、自分の犯罪行為のせいだと考えるでもなく、
「無実の私をバッシングする世間の屑共のせいで父が倒れた。どうしてくれる!」と逆切れする始末である。

 自らわざと自動車を接触させておきながら、被害者に対して、
「お前のせいで後遺症が残った。賠償しろ!」と恫喝して巨額の金を恐喝する暴力団の手口そのものだ。

 山口のような人間の屑の薬物強姦の常習者が、今の日本では裁かれる事すらなく、大手を振ってまかり通っている。このおぞましい事態を招いているのが、安倍晋三と与党政治家、希望の党や日本維新の会など、民主主義憲法抹殺を主張する右翼勢力だ。

 右翼勢力は戦前戦中の軍国主義独裁憲法、明治憲法の再現を主張している。女性を平然と性奴隷にする右翼の腐りきった価値観――この汚らわしい連中のやり方を観察すれば、戦前戦中の日本人が、占領地である中国・韓国において、どれほど残忍な事を実行していたかは、推して知るべしではなかろうか?

 従軍慰安婦の悲劇、女性の残酷な性搾取の実態を知りたくば、性犯罪者の山口がどう扱われたか、被害者女性がどう扱われたか、それをじっくり見れば良い。





アルコールと癌

  ―酒は百薬の長ではない―


以下はブロガー小さな街のお医者さんからお借りしました。

アルコールと癌の関係が明らかに DNAを損傷、2度と戻らない状態に

 英ケンブリッジ大学の研究チームが、アルコールの摂取が、DNAを損傷してがんのリスクを高めると発表した

■アルコールがDNAを損傷

 お酒を愛する人たちにとって気になるニュースが報じられた。アルコールが、DNAを損傷してがんのリスクを高めるというのだ。英ケンブリッジ大学のケタン・パテル教授率いるチームが、英MRC分子生物学研究所で行なった研究について、科学誌「ネイチャー」に発表した。

 これまでも、アルコールの摂取ががんのリスクを高めることは指摘されてきた。アルコールを摂取すると、分解する過程でアセトアルデヒドが生成される。このアセトアルデヒドがDNAを損傷することは、培養細胞を使った研究で確認されていたのだ。しかしそのメカニズムははっきり分かっていなかった。今回初めて、パテル教授のチームがマウスを使い、生きている臓器の反応を確認。納得いく説明ができるようになったという。

 パテル教授は、「がんの中には、幹細胞のDNAの損傷が原因でできるものもある。DNAの損傷はたまたま起こる場合もあるが、今回の研究は、アルコールが損傷リスクを高める可能性があると示唆している」と、MRC分子生物学研究所に話している。研究チームがマウスにエタノールを投与したところ、エタノールが造血幹細胞のDNA二重鎖を切断。細胞内のDNA配列は、元に戻らない状態に壊されてしまったという。

■アジア人はアルコール分解がうまく機能せず

 MRC分子生物学研究所の発表文によると、人間は通常、アルコールからのダメージに対して2つの自己防衛機能を備えている。1つは、アルコールを分解する過程で生成されるアセトアルデヒドに対するもの。アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)が、有害なアセトアルデヒドを酢酸に分解し、細胞のエネルギー源に変える。今回の研究では、ALDHの一種、ALDH2が欠如したマウスにアルコール(エタノール)を投与したところ、ALDH2が機能しているマウスと比べ、DNAの損傷は4倍に達した。

 研究チームは、この酵素が十分でなかったり欠陥があったりする人は、東南アジア人に特に多いと指摘。科学系ニュースサイトのサイエンス・アラートはこれを受けて、ALDH2が変異している人(つまりうまく機能しない人)の数は、アジアに5億4000万人いると具体的な数字を挙げている。

 2つめの防衛機能は、DNAの修復だ。しかしこれが常に機能するわけでもなく、中にはうまく機能しない人もいると研究チームは説明している。

■「安全な飲酒量などない」

 パテル教授は、アルコールを効果的に処理できないことが、DNA損傷のリスクを高め、特定のがんにつながる可能性があるということが今回の研究で強調された、と発表文の中で述べている。ただし、
「アルコール処理やDNA修復のシステムは完璧ではなく、こうした自己防衛機能がきちんと作用している人であっても、アルコールが原因でがんができる可能性はあることを忘れてはならない」と注意を促している。

 英国のがん研究所は、アルコールとの関係が特に指摘されているがんの種類として、口腔がん、咽頭がん、食道がん、乳がん、肝臓がん、大腸がんを挙げている。そのリスクは、ワインやビール、蒸留酒などアルコールの種類とは無関係で、飲む量についても、
「がんに関しては安全な飲酒量などない」と断言している。ただし、英国には政府が定めた飲酒のガイドラインがあり、ここで規定している量以下であればリスクは低くなる、とがん研究所は述べている。

alzheimer03-chart01[1]

 英国政府のガイドラインが推奨する飲酒量は、1週間で14ユニット以内(1ユニットは純アルコール8グラムなので14ユニットで112グラム)。英紙インディペンデントによるとこれは、4%程度のビールなら7パイント(約3.3リットル)、12%程度のワインなら通常のワイングラス(125ml)で9杯と1/3杯に相当する。

 なお、厚生労働省は「節度ある適度な飲酒」を「1日平均純アルコールで20グラム程度」としており、1週間分(7日)に換算すると英国ガイドラインより多くなっている。がんのリスクを考えて飲酒するなら、少なめに設定している英国のガイドラインも考慮に入れた方が良さそうだ。


ほどほどでも飲酒を続けると脳には有害?

<適量なら飲酒は健康にいい――という常識を覆して、少量でも長期に渡って飲酒を続けると脳がダメージを受けるという酒好きにはショッキングな研究結果が>

 ほどほどの量でも、長期間にわたって飲酒を続けると脳がダメージを受けるかもしれない――酒飲みにはショッキングな研究結果が明らかになった。

 2017年6月にブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)で発表されたオックスフォード大学とロンドン大学ユニバーシティーカレッジ(UCL)の最新研究によれば、週当たり14~21単位のアルコールを摂取していた人は、記憶や空間認知をつかさどる脳の部位である海馬が萎縮する確率が、飲まない人の3倍も高かったという。
 ちなみにイギリス政府の定めたガイドラインでは、飲酒は週に14単位以内にすべきとされている。1単位は純アルコール量で10ミリリットルとされ、度数4%のビールなら250ミリリットル、13%のワインなら76ミリリットルに相当する。

 研究チームが分析対象としたのは、健康でアルコール依存症でない男女550人の30年間にわたる追跡データだ。調査開始時点での平均年齢は43歳で、被験者に対しては定期的に認知能力の検査が行われた。飲酒や喫煙の習慣、病歴や教育、身体的活動といった点についても並行して調査が行われた。
 分析によれば、最もリスクが大きかったのは週に30単位以上飲む人。14~21単位の人も、あまり飲まない人や全く飲まない人と比べると海馬が萎縮する兆候はずっと多く見られた。

 英王立エジンバラ病院神経精神科のキリアン・ウェルチはBMJに寄せた論説でこう述べている。
多くの人が普通だと思っている飲酒習慣が健康に悪影響をもたらす、という主張を補強する重要なものだ。私たちは何かと理由をつけて、長期的には利益にならない行動にしがみつくことを正当化しがちだ」

 少なくとも、飲酒習慣を見直すきっかけにはなりそうだ。




















人生は嫌な事悲しい事ばかり。

31歳で実母が死に、
ようやく地獄の窯の蓋が開いたが、
当時の私は気付かなかった。

毎日毎日、何十回も何百回も、
「もう死のう」とばかり考えた。
死ぬことだけが唯一の希望だった。

幸いアパートの下は粗大ゴミ捨て場だった。

「こんな惨めなところで死ぬのは嫌だ」
そう考えて惨めに生き続けた。
絶望と孤独の真っただ中で。

それから十年、ようやく光が射した。
さらに十年、ようやく薄明に。
人生の大半は地獄だった。

けれども今まで生きてきて、
私は生きていてよかったと思っている。
地獄の闇を知ったから、光の価値を痛感できたから。










七夕。

怠け者の牽牛は、
働き者の織女が大好きだった。
お金を貢いでもらえるからね(笑)。

ちょっと見には織女は犠牲者だけど、
ほんとは彼女もまんざらじゃない。
「彼には私が必要なの」――ヒモ付きの女の子によくある事さ。

金を貢がせるには好都合だったが、
だんだん彼女は本気になった。
「ねえ、もっとデートしましょうよ」

こうして彼女も仕事を放棄。

哀れな牛はやせ衰えた。
織機にはクモの巣が張った。
それでも二人は平気の平左。

(恋は盲目。
 ほら、見てごらん、傾国の美人のせいで、
 どれだけの国が滅びたか?)

これを見ていた神様は、
とうとうカンカンに腹を立てた。
「仕事をせんか、馬鹿者共め!」

恋の逢瀬に夢中になって、
仕事を忘れた若者達は、
意地悪な神様に引き離された。

(神様だって? ほんとかな?
 この神様の正体は、
 親だったのか雇い主だったのか?)

何しろ遠い伝説だから、
ほんとの事はわからない。
神話や伝承なんてそんなもの……

(いいや、伝承や神話は馬鹿にはならない。
 火のない所に煙は立たず。
 それなりの物語があったはず)

まあいいさ。でもとにもかくにも、
若い二人は引き離された。
それなりに悲しかっただろう。

牽牛の奴にはいい気味だけど、
可哀想なのは織女の方だ。
泣いて泣いて泣いてばかりいた。

(大した男じゃないのにね……)

「さあ、お嬢さん、涙を拭いて。
 男はあいつだけじゃない。
 もっと良いのが山ほどいるよ。

 お嬢さん、あなたが知らないだけで、
 まじめで優しい働き者も、
 この世界には星の数。

 銀河にきらめく星より多い、
 若者達から選べばいい。
 あなたの運命の相手をね。」

神様の天使はそう慰めたけど、
まじめな娘は納得しない。
相変わらず泣いてばかりいた。

(天使なんてものはね、どいつもこいつもお人よし……)

優しい天使は報告し、困った神様は牽牛に言った。

「お前のした事を見るがいい。
 可哀想な織女はお前のために、
 今でも毎日泣いてるぞ。」

失って初めて相手の価値がわかるのは、
決して珍しい事じゃない。
牽牛もその一人だったらしい。

後悔した若者は、
別人のようにまじめに働き出した。
自分の罪を悔いながら……

(ただ、こんな若者は例外的だよ。
 人間はそう簡単に変わらない。
 だからこそ何度も輪廻転生するんだ)

(そうそう、こういう事を指してキリストは言ったんだよ。
「あなた達は生まれ変わらなければ、決して天の国に入る事は出来ない」と。
 輪廻転生の事じゃない。魂の再生の事を言ったんだ。この時の牽牛みたいなね……)


生まれ変わった牽牛を見て、
地上の人々は気の毒がった。
天使も彼と彼女を憐れんだ。

「神様、牽牛は反省しています。
 淑女もこのままでは可哀想。
 どうか二人にお情けを」

神様は誰よりも賢明だった。

(よろしい。若者は反省したし、
 娘もこれでは可哀想だ。
 だが、まだ時期尚早だ)

喉元過ぐれば熱さ忘れる。
娘は少し頭を冷やし、
若者はずっと反省した方が良い。

「一途な恋は人を盲目にする。
 若者は娘に償うべきだし、
 2人が会えるのは年一回だ」
 
こうして一年に一度だけ、
2人は再会できることになった。
若者は仕事に精を出した。

再開の日に若者は言った。
「ごめんね、借りたお金は返すよ。
 たとえ何年かかっても……」

娘は優しく微笑んで、
でも、お金はちゃんと受け取った(笑)。
当たり前だよ、そうでなきゃ!

皆さん、これでわかりましたか?
若者は借金返済のため生きるため、
身を粉にして働いているのです。

(ごらん、あんたも気を付けな! 人生の借金と負債とは、生まれかわっても払わずには済まされない!)

神様はとっくに許していますが、
一生懸命生きる2人は、
忙しくてそうは会えません。

(働くお父さん、お母さん、
 あなた達だって遊ぶ暇なんてめったにないでしょう?
 若者達よ、聞きなさい! 家族への責任を果たすとは、ちゃんと仕事をする事です!)

どうか神様を責めないで。
意地悪で一年一度しか、
会わせない訳ではないのです。

せっせと仕事をしているならば、
遊ぶ暇などそうはありません。
ゆめゆめ誤解がないようにね。(笑)

運命の人が必ずしも、
「最良の相手」ではありません。
ゆめゆめ誤解がないように。

別れを経験した後に、
人が過ちを後悔し、
別の人と幸せになる事も少なくないのです。

運命を切り開くのは、人生を好転させるのは、
神仏でも宇宙の奇跡でもなく、
過ちを償い欠点を修正する事であり、それぞれの智慧と経験です。

(これがかつて間違いを犯してしまい、
 神様からこっぴどく叱られ反省した、
 若い二人からの七夕のプレゼントだよ。)

みんなの願いが叶いますように……そのためにどうすれば良いか分かったかい?

ginnga.gif

m101[1] - コピー

今日も明日も世界は巡る。
数えきれない人々の夢を乗せて。
もしかすると人間の人生は、銀河の夜の幻想なのかも知れません……



七夕のプラネタリウムへようこそ!

七夕4

 牽牛、織女の星は、それぞれ、星座ではわし座のアルタイル、琴座のベガと呼ばれています。アルタイルはもともとはアル・タイルであり、「アル」はアラビア語の定冠詞です。中世においてはイスラム世界が世界一の科学・医学・医療技術を誇っていました。実はわし座のアルタイルは、当時のアラビア世界の天文学者が観測、命名したものなのです。
 東洋では牽牛、アラビア世界ではアルタイルと別の名で呼ばれていますが、同じ星であることは間違いありません。西洋、東洋、アラビア世界を問わず、夜空に輝く美しい星であるがゆえに、人々は名前を付け、星座を描いて記憶に留め、古代ギリシャで作られた天文観測器アストロラーブを駆使しては、大海原に冒険や貿易の航海に出、あるいはシルクロードのラクダの旅に出たのです。
 夜空を巡る星や星座は、太古の昔から、人々の道しるべだったのです。

七夕1

 カササギは空を飛べますから、伝説では引き離された二人のために、大群で天の川の橋になってくれました。
 天の川の両岸に、彦星のアルタイルと織女のベガが光り輝いていますが、天の川の真ん中で、二つの星を眺めるカササギ星、デネブも一緒に光っています。

七夕3

 彦星、織女を取り巻く銀河の星座です。

七夕5

 銀河と言えば宮沢賢治先生の「銀河鉄道の夜」ですね。白鳥座は真っ白な北十字となって、銀河の旅のごく最初に現れ、最後は南十字星で終わっています。
 人々のために命を捨てた神の子の人生と、貧しい人々のために生涯を捧げた賢治先生の生き様……。確かにそれは、無償の愛と言う名の十字架に始まり、最後の最後に慈悲と言う名の十字架に終わった人生でした。

七夕2

 さあ、もうこれであなたも、夜空の銀河を眺めれば、どの星が牽牛と織女であるのか、御自身で見つけられるでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント