FC2ブログ

記事一覧

わたし お母さんなのに……

わたし お母さんなのに……

仕事があるから3時起きだけど、
あかちゃんは遠慮なく夜泣きする。
睡眠時間は3時間。
時々倒れそうになる。

私、お母さんなのに……

疲れ切って保育園にお迎えに。
唇がさがさ手も荒れ放題。
目の下のクマはアイシャドウじゃない。
とうとうおっぱいも張らなくなった。

私、お母さんなのに……

乳児健診に行ったら体重増加不良。
意地悪そうな助産婦に、
「しっかりおっぱいのマッサージはした?」
散々叱られ涙が流れた。

私、お母さんなのに……

とうとうおっぱいが出なくなり、
こわごわ産科で相談したら、
「困るねえ、母乳が一番なのに」
冷たい声で医者に言われた。

私、お母さんなのに……

仕方がないからミルクを上げたら、
あかちゃん飲まずに泣きじゃくる。
「おい、うるさいぞ!」と夫が怒鳴る。
もう頭が狂ってしまいそう。

私、お母さんなのに……

疲れ切って家事をやったら、
とうとうお皿を割っちゃった。
「何してるの、しっかりして」
ここぞとばかりに姑が言う。

私、お母さんなのに……

やっとの事で子供を寝かしつけ、
ようやく眠れると思ったら、
夫が私を求めてくる。
断ると途端に不機嫌になるし――

私、お母さんなのに……

髪はバサバサ、肌はボロボロ、
疲れて体重もすっかり減った。
ところが仕事中に携帯電話が鳴る。
「熱が出ました、お迎えをお願いします」だって。

私、お母さんなのに……

そこいら中に頭を下げて、
突き刺すような上司の視線を避けて、
吐きそうになりながらお迎えに。
ああ、また後で嫌味を言われるな。

私、お母さんなのに……

夫の父が病気になった。
仕方ないから子連れで病院へ。
翌日、子供が熱性痙攣、
「お前のせいだ!」と舅が言った。

私、お母さんなのに……

「それじゃあ母親失格よ」
冷たい声で姑が。
「本当に役立たずだな」
それに輪を掛けて夫が言う。

私、お母さんなのに……

確かに我が子は可愛いけれど、
反抗期にはホントに困る。
こっちも切れてひっぱたき、
自責の念でうつ状態。

私、お母さんなのに……

育児も当然、家事洗濯に、
夫の世話に耐えがたい夫婦生活、
挙句の果てに看病介護。
こんな事ならもう死のうかな。

私、お母さんなのに……

それでも死ぬに死ねないのは、
あなたを置いていけないから。
でもこんな生活耐えられない。
私は誰かの奴隷じゃない!

私、お母さんなのに、
誰一人私を助けてくれない。

私、子供は可愛いのに、
私の人生、真っ暗だ。



――すると誰かがこう言った。

欧米や北欧、中国やロシアでは、
父親はもっと育児をします。
家事だって母親と折半ですし、
もっと妻を大切にしてますよ。

女性を大切にしないのは、
先進国ではただ日本だけ。

女性の権利はないがしろにされ、
夫は妻に要求するだけ、
共稼ぎなら男女は対等だろうし、
主婦なら一日中育児に拘束される。

その現実を何とも思わないのは、
親の世代もそうだったから。
それが当然だと思っているからです。
夫も舅姑も、自分自身の親までもね。

けれども歴史を振り返ってごらん。
戦前の日本は十代で親になり、
数人以上子供を作った。
兄弟姉妹も育児に協力した。

祖父母もまだまだ若かったから、
元気で育児に協力できた。
男女とも育児経験が十分あったし、
協力者もさらに経験豊かだった。

それが今では少子高齢化。
結婚も出産も30過ぎ。
兄弟姉妹も一人か二人。
誰も育児経験がない。

祖父母もすっかり老いていて、
育児を助ける気力も体力もない。
おまけに育児は母がやるものだと、
歴史を知らないから誤解している。

こうして育児経験ゼロの母親が、
たとえ出産したとしても、
突然、手慣れた母に成れるわけがない。
父親などは何の役にも立ちはしない。

育児はしない、母としての妻への配慮もない、
育児は女の物だと思い込み、
その苦しさ辛さも知らぬまま、
冷たく妻に当たるのだ。

妻には眠る間もないのに、
仕事で疲れ切っているのに、
3時間ごとに授乳して、ほとんど徹夜状態なのに、
夫は何も知らないままだ。

口を開けば勝手な事ばかり。
我が子が泣いたら怒鳴るしか能がなく、
不眠状態の妻にセックスを求める。
無慈悲で残酷、おまけに愚劣、それが日本の父親だ。

愚かな助産師、産婦人科医、
愚かな医者が完全母乳栄養を強制する。
それでは父親は協力したくても、
授乳さえ協力できなくなる。

こうして母親は心身共に、
うつ状態に陥るほど疲れ果て、
いっそ我が子を殺して死んだ方が、
よっぽどましだと思うのだ。

こんなことでは母乳は止まってしまうし、
赤ん坊もヒステリックに泣き叫ぶ。
でも3か月を過ぎてしまうと、
赤ん坊はミルクを受け付けない。

保育園に入れるにも困ってしまうし、
母親は完全に孤立無援のままだ。
子供を虐待するのは酷いが、
これでは虐待したくもなるだろう。

夫は豚か何かの様に、
妻を妊娠させるだけ。
その責任を負う気はどこにもない。
育児をしない役立たず。

日本の政府は男尊女卑で、
「育児も家事も夫の世話も、
 舅姑の下の世話まで、
 何もかも女がやる物だ」と思っている。

右翼も国粋主義者も与党議員も、
軍国主義の狂犬共も、
犬より劣る父親だ。
豚より劣る夫共。

犬でも我が子の育児をするし、
人よりはるかに妻を大切にする。
自分は疲れて飢えたままでも、
妻にはたっぷり食べさせる。

豚でも妻に暴力は振るわず、
外敵相手に命を懸けて、
我が子と妻を守るのだ。
日本の男は豚以下だ。

img_0[2]

やさしい母に抱かれて……

The-Canigiani-Holy-Family-Raphael[1]

家族が育児に協力的なら……

d0151247_20572256[1]

母の嘆きと父の無関心

母親も千差万別。
本当にいろんな人が居る。

父親も千差万別、
確かにいろんな人が居るけれど……

男尊女卑の国家では、
母親は限りなく惨めに不幸になる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント